FC2ブログ

プロフィール

セナ君のパパ。

Author:セナ君のパパ。
気分屋なので更新にムラが出ると思います。

カテゴリ

つぶやき

Basic Calendar

<08 | 2020/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

月別アーカイブ

AT01 製作 25

ル・マンを見ながらF1を作ってます。

AT01の続きです。

今回もバージボードです。

青マルの切り欠き?赤マルのフィンを追加。



赤マルのフィンはハッキリとした場所がわかりにくかったので、ここら辺かな?で付けました。ハッキリわかれば修正するかもしれませんが正面からの画像だとここら辺なのでそのままかもしれません。

今度は緑マル。



1枚目と2枚目、2枚目と3枚目を繋ぎを真鍮線で。

これで、やっとバージボードが形になりました。



フロアへの取り付け位置も確認。



ついでにボディも乗せて。

バランスも良いですね。

  

段々とソレらしくなってきました。

今回はここまでで。
スポンサーサイト



AT01 製作 24

AT01の続きです。

今回からバージボードやります。

メルセデスやレッドブルやフェラーリに比べれば比較的シンプルな形状ですが、それでも、ねぇ~。

色んな角度の画像を見比べて少しずつ進めていきます。

大まかに仮組みした時に作ってあるのを使います。



3枚翼構成らしいので1枚ずつやっていきます。

1枚目。



2枚目。ここから上が更に細かく。



3枚目+大外にもう1枚。



最後に大外と1枚目の繋ぎ。



コレでバージボードの形はできました。

次回は細かい仕上げを。

今回はここまでで。

AT01 製作 23

ガスリー優勝おめでとう

と言うことで今まで製作してきたAT01はイタリアGP仕様で製作する事にしました。

フロントウイング、リアウイングの改修は必要ですがボディワークはそんなに変わってなさそうなので最小限の改修でいけそうです。

この優勝でどこかしらからキットが出たらアレなのでなるべく早く完成を目指します。

早速AT01の続きです。

今回はノーズの仕上げ。

まずはSダクトの入り口側。赤マル部分を追加。



次はケープの接着とモノコック横のパネルラインの追加。



ピトー管も。



先端は仕上げの時に曲げます。

モノコック下のターニングベインも。



コッチはもう少し薄くする必要がありますね。

深い意味はないですが製作中のSTR12と並べてみました。



コッチもガスリー仕様になる予定です。

今回はここまでで。




AT01 製作 22

AT01の続きです。

今回はHARO。

HAROの先端がもっと大きく感じるので青マル部分に肉盛り。



赤線で分割するようにします。

HAROのフェアリング。



ケミカルウッドを大まかに削り出して、ただひたすらに薄くします。



先に接着しました。



ここからもう少し微調整。

こんな感じで。

 

モノコック上面の筋彫りと埋め込みピン用の穴の追加。



今回はここまでで。

AT01 製作 21

AT01の続きです。

まずはディフューザー。

 →

途中の写真を撮り忘れました。デザインナイフで削り過ぎないように少しずつ削ぎ落としました。

ここからボディの作業です。

カウル後端から。



↑ここから開幕戦仕様に変更。熱対策だと思いますが開口が大きくなってます。

まずココを大きくします↓

 →
ココで前にもあったようにイギリス仕様に変更する事にしたのでカウル後端をまた元に戻します。


実際レース毎でコロコロ変わってるので更なる仕様変更があった場合また修正する事があるかもしれません。

コクピット横の排熱ルーバーも製作途中でストップ。

イギリス決勝はルーバー無し。
70周年はルーバー有り。
同じシルバーストーンでも違いがあるんですね。



ココも最後までこのまま残しておきます。

開幕戦からイギリスに変えるとリアウイングが結構変更箇所が多いです。

まぁ~ボチボチやっていきます。

今回はここまでで。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE