fc2ブログ

プロフィール

セナ君のパパ。

Author:セナ君のパパ。
気分屋なので更新にムラが出ると思います。

カテゴリ

つぶやき

Basic Calendar

<07 | 2022/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

最新コメント

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

月別アーカイブ

STR12 製作 57

TAMIYA SF70HをベースにTORO ROSSO STR12を製作中です。

手付かずのコクピットパーツ以外のパーツのカーボンデカールが貼り終わりました。

綾織のカーボンデカールが明るいのでタミヤエナメル塗料で少し黒くします。



デカールとエナメル部分の保護の為オートクリアを吹いておきます。



やっとカーボンデカールが終わったのでいよいよスポンサーデカールです。

スポンサーサイト



STR12 製作 56

TAMIYA SF70HをベースにSTR12を製作中です。

更新が少し間が空いてしまいました(⌒-⌒; )

少しずつですが進めています。

約半分ぐらいのパーツにカーボンデカールを貼り終えました。





この時点ではまだ青塗装が済んでないので表面を整えて塗装準備。

表面がガタガタだったので下地処理に時間がかかってしまいました。



今回使用する塗料はSHOW UPさんのベロニカブルー。
キャンディ塗装に挑戦です。



下地のシルバー候補を5つ用意。



1 スパークリングシルバー タミヤ
2スターブライトシルバー ガイア
3スターブライトジェラルミン ガイア
4スーパーチタン クレオス
5クロームシルバー クレオス

からのベロニカブルー。



下地でかなり変わりますね。良い色です。

今回使用する組み合わせは1番のスパークリングシルバー→ベロニカブルーにします。



いよいよ塗装開始です。

スパークリングシルバーからの



ベロニカブルー。

実は失敗。

iPhoneのカメラは優しいので綺麗に見えますが実際はかなり紫になってしまいました。濃くしすぎました。

シンナーにドボンと行きたかったんですが3Dのパーツをドボンはまずいと思うので、この上からシルバーからの再塗装する事にします。



本当はもう少し濃い青にしたかったんですが濃すぎて再塗装は避けたいのでここで終了。

塗料の良さはわかったので次はもっと上手く塗れるようにしたいですね~。

赤塗装も終わったので残りのカーボンデカール開始です。



今回はここまでで。







STR12 製作 55

TAMIYA SF70HをベースにTORO ROSSO STR12を製作中です。

一応全てのパーツが準備できたので確認も含めてパーツを取り付けてみました。













一部、サフを吹いて表面を整え始めてるパーツもありますが仮組みはひとまず完了。

塗装準備を始めます。

今回はここまでで。




STR12 製作 54

TAMIYA SF70HをベースにTORO ROSSO STR12を製作してます。

GWの初日に体調を崩して2日間棒に振ってしまいました。体調が戻ってからやっと模型に。

パネルラインの筋彫りの前にシャークフィンがよれてるのて修正。



何回も修正しながら筋彫り完了。



ノーズ先端の形を少し修正。



Tウイングの取り付け。割れやすいのでこの後も要注意です。



シャークフィンの縦の幅がもう少し取れたらよかったんですが、多分ギヤボックスの位置が少し高いんでしょうね~。牛のデカールをコピーして合わせてみてもやはり高いみたいです。リアカウルももう少し低いといいんですが…今回はこれでいきます。

次にピトー菅。
先端は最後にアルミパイプにする予定。



インダクションポッド内の仕切り、オンボードカメラの追加。



GWの最低限は完了。本当は塗装まで行きたかったぁ。







今回はここまでで。





STR12 製作 53

TAMIYA SF70HをベースにTORO ROSSO STR12を製作してます。

今回はフロントウイングです。

以前、製作を中断する前の段階で殆どできてます。



今回は細かい所の仕上げとカスケードウイングの追加です。

フラップから。
赤マル部分に実車ならフラップの角度を変えれる所に仕切りのプラ板追加。



2段目と3段目を繋ぐセパレーターはアルミパイプを削りました。



次は3Dプリンターで作ったカスケードウイングを翼端板との接地面の調整。



最後に全体の確認。







塗装開始が見えてきた。

今回はここまでで。




| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE